うつ病の症状が出たら周囲に協力して改善していく

うつ病の症状

うつ病の症状には、やる気がない他にも倦怠感など様々なものがあります。しかし、中にはうつ病と気づきにくい症状もあるため少しでも疑いがある場合は専門医に相談すると良いでしょう。

詳細を確認する

身体的症状

うつ病は、倦怠感ややる気だけではなく頭痛や不眠症、めまいや吐き気など身体的にも症状が現れます。病院に行っても原因がわからない場合はうつ病の可能性もあるため専門医の診察を受けましょう。

詳細を確認する

早めに打ち明ける

早めの受診と家族の理解が大切

近年よく聞くようになったうつ病という病気。でも周りにいなければ、どんな症状なのかがよくわからないと言う人も多いです。 うつ病は、憂鬱な気分でマイナス感情が強くなり、やる気も行動力もなくなり、集中できなくて頭の回転も鈍くなる精神的な症状と、不眠や過眠などの睡眠障害や、慢性的な肩こり、腰痛、関節痛などの痛みや疲労感という身体的な症状があります。 しかし、朝は症状が重いのに、夕方くらいになると回復する傾向にあるので、周りから仮病だと誤解されやすいのです。 また本人も、行動しなければいけないとわかっているのに、どうしても動くことができない自分にイライラしてしまったり、午後からは体調がいいからと病院での受診が遅れたりで、症状が悪化してしまうこともあるため注意が必要です。

十分な休養が回復への近道

うつ病の治療として、医師から休養することを勧められます。 しかし、言われた時は休もうと思うのですが、家に帰るとずる休みをしているような気分になり「家族や周りに迷惑をかけたくない」「なにもしていないなら存在価値がない」などと休むことに抵抗を感じる人が多いのが現状です。 けれど、うつ病の時の心の状態は、心が怪我をしているようなもので、薬によって症状が緩和したとしても怪我の状態はまだ回復の途中なので、そこで行動を始めると当然傷口が開き、以前よりも症状が悪化してしまいます。最悪な場合、ひどくこじらせることにもなるのです。 ずる休みしているとは考えず、しっかりと休養することによって、治療も順調に進み、元の生活に戻る近道となります。

公的な制度の活用で、経済的な負担を取り除く。

うつ病は長期にわたり、じっくりと取り組む必要があるため、経済的な負担が心配になるかと思います。 そこで活用したいのが、公的な制度です。 「健康保険の傷病手当金」 病気やけがの為に仕事を連続して3日休み、4日目以降も休んだ場合、4日目以降休んだ日から、日割給与の3分の2が支給される仕組みになっています。 うつ病の場合、それを理由に退職する人がいますが、あまりお勧めできません。 傷病手当金をもらいながら、治療を続けることも可能です。 「自立支援医療(精神通院医療費の公費負担)」 精神疾患の通院治療費の負担を軽くする制度です。 通常、健康保険証を提示すれば、医療費の3割が患者負担になりますが、「自立支援医療受給者証」を提示すれば、負担額は1割になります。 「精神障害者保健福祉手帳」 精神障害のために長期にわたって日常生活に制約のある人に発行される手帳です。 税金の優遇や公共料金の割引などが受けられます。 うつ病は入院せずに通院で治療をすることが多い病気です。 入院給付金の給付対象にはなりづらい生命保険では、治療費をカバーするのは難しい場合もありますから、これらの制度はとても便利といえるでしょう。

うつ病の症状は心と体にあらわれる。

うつ病の症状には、「身体症状」と「精神症状」の2つがあります。 朝が最も悪く、夕方にかけて回復していき、1日の中で時間とともに症状に変化がみられるがうつ病の特徴でもあります。 ≪身体症状≫ ・食欲の低下または増加 ・睡眠不足または睡眠過多 ・ホルモン系の異常(月経不順・性欲低下・勃起障害) ・疲労感と倦怠感 ・その他(頭痛・肩、腰、背中の痛み、など) ≪精神症状≫ ・抑うつ気分(気分の落ち込み、憂鬱、わけもなく悲しい、など) ・興味や楽しみ、喜びの喪失(好きだったことに興味がなくなる、テレビや新聞を見ても面白くない、性的関心や欲求が低下、など) ・思考力や集中力の低下(考えがまとまらない、決断力や判断力の低下、反応が遅くなる、人の言うことが理解できない、など) ・精神運動の障害(口数が減る、声が小さくなる、落ち着きなく体を動かす、など) ・意欲の低下 ・自責感 これらの症状が複数認められると、うつ病と診断されます。

治療はどのように変化したか

うつ病と言うと、常に落ち込んでしまう病気であると考えられがちです。そのため、昔は病気として確立していませんでした。しかし最近は、心療内科にうつ病専門の外来ができたり、保険の適用内で治療ができるようになってきました。 初回の診察では、まず症状を詳しく聞くことから始まります。うつ病の症状は大変典型的なものが多いため、大抵診断に迷うことはありません。その上で、カウンセリングや精神療法で治療を行いますが、いずれも低価格で治療できるようになってきました。あまりにも重度で自殺未遂を繰り返すようであれば入院の措置が取られる場合もありますが、この場合も料金は非常に良心的なものであり、安心して治療を受けられるようになっています。

うつ病の種類

うつ病には、様々な種類が存在します。躁鬱病は、躁状態の時に周囲に迷惑をかけてしまうこともあるため気づきやすいといえます。また、うつ病と躁鬱病の場合は治療法が変わってくるため注意しましょう。

詳細を確認する

軽減させる

うつ病は、睡眠などにも深く関係しているため規則正しい生活を心掛ける必要があります。また、不眠症状になってしまうと寝付きにくくストレスにもなる可能性があるため睡眠薬を処方してもらうなどの対応をしてもらうと良いでしょう。

詳細を確認する

バランスを良くする

精神的な病としていわれているうつ病は、上手くバランスを保つことで症状を緩和させることが出来ます。また、仕事熱心の人などがうつ病になった場合は他の人に仕事を任せるなど少しでも楽をすることで改善することが出来るでしょう。

詳細を確認する

更新情報・お知らせ