うつ病の症状が出たら周囲に協力して改善していく

身体的症状

うつ病は精神的なものから身体的なものまで様々です

この頃メディアなどでもよく耳にするようになってきたうつ病。大きなストレスなどが主な原因となって発症してしまいます。 では、うつ病の症状にはどんなものがあるのでしょうか。 うつ病の症状には大きく分けて精神症状と身体症状の2つがあります。精神症状にはマイナスな感情が出がちになったり、意欲の低下、思考力が落ちたりするなどがあります。 気分が落ち込むだけでなく、仕事や趣味など何もしたくなくない、判断力が落ちて頭がうまく働かない、集中力がなくなる、自分に対しての無価値観など、精神症状だけでも沢山あります。今まで出来ていたことが上手くできなくなり、焦りを感じることもありますが、この焦りというのもうつ病の症状の1つです。

こんな身体症状には注意してください

精神的なものが注目されがちですが、身体的な症状にも気をつけなければなりません。寝付きが悪くなった、食欲がないなどが挙げられますが、これだけではありません。 具体的には肩こりや頭痛、腰痛、吐き気、目まい、便秘、生理不順、性欲減退、息苦しさを感じたり、口の渇きなどがあります。 一見、関係なさそうなものが身体が出しているうつ病のサインということがあります。内科などを受診して、身体に原因が見つからない時はうつ病を疑った方がよいです。うつ病だということに気付けずに、適切な治療を受けることが出来ずに悩む方も多くいるようです。 普段とは違う気になる身体の不調を感じるのであれば、一度心療内科や精神科に足を運んだ方が良いです。