うつ病の症状が出たら周囲に協力して改善していく

うつ病の症状

うつ病だと気が付きにくい症状もあります

うつ病は心の病です。しかし症状は精神的なものだけでなく、身体的なものもあります。頭が締め付けられるように痛んだり、よく眠れない、下痢や便秘を繰り返すなどと言った形であらわれることもあります。これらの症状を治療しようと内科などで検査をしても、何も異常がみつからず回復しない場合、もしかするとうつ病の症状なのかもしれません。 そういった場合には、一度精神科や心療内科を受診してみてください。しかし本人は精神科などを受診することに抵抗を感じる場合もあるでしょう。体の痛みと心の病に関連があることに、気が付いていない場合も多いのです。そういった場合に大切なのが家族の支えです。うつ病の相談は本人がすることが一番ですが、難しい場合は家族が代わりに相談することもできます。

家族がしてあげられること

うつ病は医師の指導のもとで薬物療法や精神療法を行えば治る病気です。しかし回復には時間もかかりますので、家族の支えが大切です。外傷であれば回復が目に見えますが、気持ちの浮き沈みや、目に見えない体の痛みを家族が理解してあげることで辛い時期を乗り越えられます。 家族がうつ病の患者を支えてあげる際に注意する点があります。まずは症状を理解することです。その上で見守ってあげてください。励ましや原因探しはストレスになります。本人は判断能力が鈍っていることもありますので、大きな決断をさせないよう配慮してあげてください。抗うつ薬は副作用がでることもありますの。その点もしっかり理解して本人が勝手に薬をやめたりしないよう、医師とも連絡がとれる体制を作っておきましょう。 治療にあたっては公的な補助がでる場合もありますし、回復後の支援を行う団体もあります。

症状はどのように変わったか

うつ病の症状は時代と共に変わってきています。かつては自殺未遂をするほど重篤な症状が出ない限り、病気であると認識されませんでした。しかし最近は、仕事や学業に影響が出るか否かを目安に診断が行われることが多いです。 例えばうつ病独特の症状として、仕事のミスが増えるというものがあります。この症状を放っておくと、本人はますます自己嫌悪に陥り、上司にも叱られてイライラするといった悪循環に陥ります。このような変化を見逃さず、うつ病の疑いを持って心療内科を訪ねることが非常に大切です。心の病気など恥ずかしいと思って受診をせずにストレスを抱え込むことが、一番危険なことです。そのため、周囲の人の勧めも大切になってきます。